できたての本 in stores now!HOMEへ

[前のページへ] [1] [2] [3] [4] [次のページへ]
  
発話のはじめと終わり
表紙 発話の頭・末(周辺部)は、話者が「談話方略」「対人機能」等の語用論的調節をしている場と考えられる。周辺部研究の基礎知識から、最新の文法化・構文化研究までを論じる。
定価(税込):¥4,104
小野寺典子(編)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-843-7 C3080
ロシア語文法
表紙 現代標準ロシア語の文法を、共時的な視点から首尾一貫した原理によって分析する。音韻論を土台に形態論を体系的に記述。ロシア語の音韻構造を理解するための入門として最適。
定価(税込):¥25,920
ポール・ギャルド(著)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-760-7 C3087
中国21 Vol.45 いまこそ、「戦後」を問いなおす
表紙 中国と国際レジーム(徐正源)、初等教育の普及と「戦後」中国社会(大澤肇)、オーストラリア、戦争と日本(ビートライス・トレフォルト)など。閻連科の講演も採録。
定価(税込):¥2,160
愛知大学現代中国学会(編)
東方書店   ISBN 978-4-497-21704-2 C3036
自然論理と日常言語
表紙 日常言語の創造的で柔軟な思考・判断を可能とする〈自然論理〉(Natural Logic) のメカニズムと日常言語のメカニズムの諸相を明らかにする。
定価(税込):¥3,456
山梨正明(著)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-857-4 C3080
[前のページへ] [1] [2] [3] [4] [次のページへ]

このページのトップへ