できたての本 in stores now!HOMEへ

[前のページへ] [1] [2] [3] [4] [次のページへ]
  
古代地名の国語学的研究
表紙 平安中期初めの和名抄・廿巻本に見える地名を中心に、上代の風土記などの地名を合わせ、主に文字・表記の面から古代の地名を考察。
定価(税込):¥11,340
蜂矢真郷(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0832-0 C3381
『源氏物語』放談
表紙 『源氏物語』のいくつかの巻は紫式部工房での競作に成るのでは?紫式部の執筆環境に目を向け「伏線」「芽」という視点で真相に迫る。
定価(税込):¥3,996
島津忠夫(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0835-1 C3395
新訂 吾妻鏡 二
表紙 鎌倉時代最重要史料の最良の活字本テキスト。最善本の吉川本を底本に他本と校訂し、記事の概要や校異等の注記を加えた。人名索引付。
定価(税込):¥4,212
高橋秀樹(編)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0818-4 C3321
萬葉語文研究第12集
表紙 萬葉集を中心とする上代文学、八世紀を中心とする日本語学の、新たな展開を告げる論考を集めた論集。
定価(税込):¥3,780
萬葉語学文学研究会(編)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0836-8 C3395
横光利一とその時代
表紙 横光利一の作品研究を中心に、昭和文学史におけるモダニズムの可能性と限界に迫る。映画的認識と文体等の観点から、横光文学を再評価。
定価(税込):¥5,184
黒田大河(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0830-6 C3395
歴史探索のおもしろさ
表紙 江戸時代に生きた人々の過去への思いや歴史観を伝える19編。正倉院宝物盗難事件や、法隆寺での聖徳太子画像の利用などを収録。
定価(税込):¥3,564
伊藤純(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0834-4 C1321
新たなるトニ・モリスン
表紙 本書は、アフリカ系アメリカ人で初めてノーベル文学賞を受賞した女性作家トニ・モリスンについての、日本で初めての論文集です。歴史・ホーム・性のテーマを柱に、多様な切口でモリスン文学の新しい側面を探求しています。
定価(税込):¥3,240
風呂本惇子/松本昇/鵜殿えりか/森あおい(編著)
金星堂   ISBN 978-4-7647-1166-2 C1098
国語語彙史の研究三十六
表紙 国語語彙史研究の体系化と共に、語彙史研究の新たな方法論や隣接分野との関わりにも積極的に取り組んだ論文集。小特集はオノマトペ。
定価(税込):¥10,800
国語語彙史研究会(編)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0837-5 C3381
しっかり学べる!中国語
表紙 初級テキスト。文法編と会話編に分かれる。各16課。例文や会話の語句を入れ替えてくり返し練習し、文法や発音を身につける。豊富な練習問題を付す。音声ダウンロード方式。*練習問題の解答はありません。
定価(税込):¥2,916
中田妙葉(著)
東方書店   ISBN 978-4-497-21705-9 C3087
中国21 Vol.46 中国の芝居――昨日・今日・明日
表紙 対談「香港の粤劇によせる思い 役者の立場から」(陳慧思×樋泉克夫)、鼎談「香港における粤劇の現状と将来 研究者の立場から」(湛黎淑貞×陳守仁×樋泉克夫)のほか、越劇の現代と「編導制」(佐治俊彦)など。
定価(税込):¥2,160
愛知大学現代中国学会(編)
東方書店   ISBN 978-4-497-21706-6 C3074
朝鮮語研究 7
表紙 1999年から学会組織として活動してきた朝鮮語研究会の学会誌『朝鮮語研究』の第7号。今号では、音声と発音の指導法に関する論文関する論文ほか、計5篇の論文を収める。
定価(税込):¥5,400
朝鮮語研究会(編)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-868-0 C3087
日本近世期における楽律研究
表紙 『律呂新書』は、宋代の蔡元定が朱子学の音楽理論をまとめた「楽理」書で、日本や韓国でも広く読まれた。本書は、江戸時代に『律呂新書』が受け入れられる過程や、儒学者たちが音律論・音楽論を研究・展開していくさまを論述する。
定価(税込):¥4,536
榧木亨(著)
東方書店   ISBN 978-4-497-21703-5 C3010
日本近代語研究 6
表紙 近代日本語の歴史と構造を、音声、文法、語彙といったパースペクティブから分析すると共に、用いられる辞書、教科書、文学作品などの資料性に検討を加えた論文集第6巻。
定価(税込):¥30,240
日本近代語研究会(編)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-806-2 C3081
近代作家の基層
表紙 表現することは、作家にとって〈再生〉への〈祈り〉なのだ。伊勢に住み、紀伊・熊野を見据えた著者の、近代作家・文化論。
定価(税込):¥5,400
半田美永(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0829-0 C3395
説経
表紙 説経の魅力を伝える待望の書。海外の貴重な資料も掲載、国文学・歴史学・民俗学・宗教学など多方面に最高の知見を結集し、論じる。
定価(税込):¥4,860
神戸女子大学古典芸能研究センター(編)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0831-3 C1395
ベーシック応用言語学
表紙 個別的に論じられることの多かった、第2言語(L2)の習得・処理・学習・教授・評価の問題を統合的に位置づけ、平易な解説で幅広い知識の必要な応用言語学の全体像を示す。
定価(税込):¥1,944
石川慎一郎(著)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-795-9 C1080
歴史会話研究入門
表紙 「歴史会話研究」、すなわち虚構の会話もふくめた「あらゆる年代の(文字化された)会話」を対象とした言語研究のための手引き書。先行研究や分析例が豊富に紹介されている。
定価(税込):¥4,320
イェルク・キリアン(著)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-845-1 C3080
現代中国語の意味論序説
表紙 本書は、現代中国語を、1.動詞と時間体系、2.語彙が構成する意味と論理、3.構文が構成する意味と論理、4.語彙が規制する論理の4部立てで、現代中国語の意味を総体的に示した。
定価(税込):¥5,400
松村文芳(著)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-867-3 C3080
動詞の意味拡張における方向性
表紙 「買う」「食う」のような他動詞でありながら動作が動作主から出発し動作主において終結するという特徴を持つような動詞を「着点動作主動詞」と呼び、その意味拡張の方向性を分析する。
定価(税込):¥5,184
夏海燕(著)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-846-8 C3080
市民参加の話し合いを考える
表紙 「シリーズ 話し合い学をつくる」第1巻。まちづくりの話し合いや模擬評議など、市民と専門家が意見交換や意思決定をする「市民参加の話し合い」の現状と課題を論じる。
定価(税込):¥2,592
村田和代(編)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-849-9 C3080
[前のページへ] [1] [2] [3] [4] [次のページへ]

このページのトップへ