書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-7647-1172-3 C1098

いしょうがかたるあめりかぶんがく

衣装が語るアメリカ文学

定価(税込) : ¥2,916
表紙 著作者よみ : にしがうちまるみ/やまもとしん/ばばあきら 
著者名 : 西垣内磨留美/山本伸/馬場聡 編著著書を検索
出版社 : 金星堂 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2017年9月1日
ジャンル : その他英語圏文学研究
判型A5/273頁
本書は,アメリカ,およびカリブの文学や文化に現れる「衣装」について,「時代の目撃者」,「民族を映す」,「『衣装』という表象」,「あざむく」という章構成のもと,様々な角度から検討したものである。本書を貫くのは,「衣装」という比較的わかりやすいテーマではあるが,一見しただけでは見えにくい表象や事象が,専門の目で探求されている。

目次

序にかえて
第一章 時代の目撃者
飽和の時代と拘束 ― 『アメリカン・サイコ』に見るウォール街の「衣装」 (伊達 雅彦)
〈革命〉をデザインする ― 一九六〇年代アクティヴィズムにおける〈見かけ〉の政治学 (馬場 聡)
ユダヤ系アメリカ人と既製服産業 ― 古着販売からアメリカの象徴ジーンズへ (君塚 淳一)
初期アメリカの奴隷の職種と仕事着 ― トマス・ジェファソンのプランテーションの場合 (濱田 雅子)
第二章 民族を映す
極北民族イヌイト社会にみる衣装の機能と象徴性 (本多 俊和 (スチュアートヘンリ))
物語から読み解くチルカット・ブランケット (林 千恵子)
マルディグラ・インディアンにみるフードゥーの混合主義 ― イシュメール・リード『なつかしきニューオリンズ懺悔の三ヶ日』をてがかりとして (峯 真依子)
脱いで始まる、着ずに始めるカーニバル ― 内と外から見るカリビアン・アイデンティティ (山本 伸)
第三章 「衣装」という表象
意匠あるいは衣装としての比喩 (西原 克政)
象徴としてのズボン ― アリス・ウォーカーの『カラー・パープル』 (清水 菜穂)
雪のなかの豹 ― ポスト人種的ヴィジョンとトニ・モリスン『神よ、あの子を守りたまえ』 (川村 亜樹)
第四章 あざむく
隠れて騙る、隠して語る (西垣内 磨留美)
ウィニフレッド・イートンの自伝小説『私』におけるファッションとその意味について (中地 幸)
イギリスのなかのカリブ ― ポーリン・メルヴィル作品にみる偽装と衣装 (岩瀬 由佳)
先住民の衣装と犯罪者の偽装 ― トニー・ヒラーマンのミステリーを解く (余田 真也)
アメリカ喜劇映画における「女装」の文化史 (中垣 恒太郎)
あとがき
編著者紹介/執筆者紹介

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ